HOME > 黄さんの手作りキムチの秘密 > 守り継がれるキムチの伝統

守り継がれる「キムチの味」

守り継がれるキムチの伝統

高麗食品には、守り継ぐ「キムチの味」があります。

見方によっては、単なる漬物のひとつにすぎませんが、そこには、海を越え、世代を超え、そして、日本の方々からも厚いご支持を頂くまでに至った、私たちの歴史があるのです。

高麗食品のルーツ

現社長・黄鍾守(ファン ヂョンス)の祖母である、金順玉(キン スンオ)は、韓国で生まれ育ちました。
韓国の家庭では一般的な事ですが、祖母は、自分の母親からキムチの漬け方を教わり、自然と身につけていました。 そして、日本に渡ってきた後は、自分の家庭の食卓に上るキムチは、自分で漬けていました。

しかし、料理が上手だった祖母の漬けたキムチは美味しいとの評判で、次第に、近所の人を相手とする、キムチの小売店を大阪市生野区にて始める事となりました。

このキムチ小売店での「祖母のキムチ」が、高麗食品のルーツなのです。

祖母(ハルモニ)の味を受け継いだ母(オモニ)

祖母の「キムチの味」は、現社長・黄鍾守(ファン ヂョンス)の母・慎仁子(シン インヂャ)に引き継がれます。
小さい頃から料理が好きだった慎仁子(シン インヂャ)は、1976年、大阪市生野区に「太洋商店」の屋号で、本格的にキムチ専門店を開業しました。 この「太洋商店」が、現在の高麗食品の原型となります。

しかし、当時はまだ、日本においてキムチの知名度は低く、お客様も、ほぼ在日韓国・朝鮮人の方々に限られていました。それでも慎仁子(シン インヂャ)は、実直に祖母(ハルモニ)のキムチの味を守り、そして、自分の料理の感性をプラスし、現在の高麗食品の味を創り上げたのです。

母から受け継ぐ「キムチの味」

曾祖母から祖母へ、祖母から母へ、そして時代は流れ、母のキムチは、現在の高麗食品の味へ受け継がれました。 母のキムチに対する高い「こだわり」は、「高麗食品の味」に対する信頼として、地元の人々に高い評価をいただく事になりました。

1988年のソウルオリンピック以降、スーパー・百貨店等でキムチが一般的に販売される様になり、日本一のコリアンタウンである大阪市生野区の地元で、知る人ぞ知る、「高麗食品のキムチ」は、一部のスーパーでも販売される事となりました。

そして、現在へ

現在、高麗食品のキムチは、「黄(ファン)さんのキムチ」として、近畿地区及び周辺地域の多くのスーパーでお買い求めいただけます。

よく、スーパーに置いてあるキムチはイマイチで、キムチ専門店のキムチが美味しいとの声を聞きますが、「黄(ファン)さんのキムチ」は、そのキムチ専門店の味を毎日の食卓で、お手軽にお召し上がり頂く事を目的にして、多くのスーパー様の協力を得て、販売いたしております。

下記にて、販売して頂いている店舗をご紹介させていただきます。
皆様のお近くに、下記店舗があれば、一度、漬物売り場にて探して見てくださいませ。

イトーヨーカ堂・関西スーパー・コープ神戸・コーヨー・コノミヤ・サボイ・ジャスコ・ナショナル・平和堂・マイカル・マックスバリュー・万代・ライフコーポレーション等です。
(あいうえお順です。一部全国展開の店舗では、取り扱い地区が限定されております。)

これからの目標

現在は、インターネットで様々なキムチを購入する事ができます。
しかし、 日本一のコリアンタウンを自負する大阪市生野区周辺の価格と比較すると、2〜3倍ぐらいの高価格での販売がまかりとおっているのが現実です。

高麗食品は、「もっと手軽に、毎日の食卓に美味しいキムチを!」を合言葉にし、より多くの皆様に美味しいキムチをお届けする事を目指し、インターネットでのキムチ・韓国食品の販売も、内容の充実をはかります。
現在は、高麗食品の直営店舗でしか販売していない商品も、順次、ホームページに掲載いたします。

一人でも多くのお客様から「オイシイ!」の一言を頂戴する事を、「誇り」「励み」にしてゆきます。

キムチを通して、確かな伝統と多くの方からのご愛顧を守り続けること。私たちは、そうした決意の下、皆様から愛されるキムチづくりと、サービスの提供に一層専心してまいります。

                                  有限会社 高麗食品  
                                  代表取締役 黄 鍾守(ファン ヂョンス)